Profile

 

 

Key 

 

高校生の時に、国宝に指定されている日本刀〈名物 観世正宗〉を観て「人間が作ったと思えない」ような自然さを感じ、そういうものを生み出せる人間に憧れ、刀鍛冶になろうと心に決める。

 
平成18年北海道大学工学部材料工学科卒業後、刀鍛冶の宮入小左衛門行平氏に弟子入りし、平成27年に独立。

現在は長野県長野市信更町に秀平鍛刀道場を構え、刀鍛冶(刀工銘:秀平)として活動する。

 

20歳の時に成瀬雅春氏の著書「クンダリニーヨーガ」に出逢ってからヨーガや瞑想を実践し始める。

28歳の時からインドの神々の礼拝を始める。
インドと日本の神々に縁が深く、日々祈りを捧げている。


35歳の時にパートナーのMikiと共に下野誠一郎氏よりライトボディ活性化エネルギーワークを学ぶ。

 

以降、降りてきたオリジナルのワークを広める活動をしている。