· 

怒りとエネルギーの関係

 

先日、怒りの感情が出て来た時に、はたと気づきました。

 

頭に血が上るとはよく言いますが、
まさにそんな感じで、頭にエネルギーが集まっているということに。

 

不思議だったんです。

 

どんなに取り除こうとしても
取り除けたように感じても
受け入れても何をしても
またすぐに帰って来る怒りが、
なぜそこにあり続けるのか。

 

そして今回気付いたのは、
思考に偏ると怒りはなくならないということ。

 

これまで私は、道理に基づき客観的に繊細に"考えよう"としていたのですが、
どんなに理に則っていても
どんなに客観的でも
どんなに繊細でも
それを頭で考える思考で為すことは、
正当さを求めることにつながり、
それがまた不当さに対する怒りにつながっているということに気づいたんです。

 

頭にエネルギーが偏っている時はフツフツとしていた怒りが、
エネルギーをハートや肚に下ろした瞬間、
怒りは何処へやら。

 

本当に何に怒りを感じていたのか分からなくなるくらい何処へやらです。