· 

パートナーシップ 〜その3〜

 

今日、パートナーの美紀さんと話し合いました。

 

話し合いの内容は、お金についてです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

話の流れをざっくり説明すると、

私が美紀さんの話を聴いて想定していた美紀さんの所持金と

実際の美紀さんの所持金がかけ離れていたため話し合いになりました。

 

私は別にパートナーの所持金を常に把握していたいとか

そういう要素は全く持ち合わせていないのですが、

支払いの関係でお金の話になり、そういう展開になりました。

 

話し合いの途中から録音したので、美紀さんも了承しているので話し合い内容を掲載します。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

私(以下、K)

なんで(お金が)循環しないのか、考えてみたり、試してみたり、風水上の改善をしてみたり、

それで確かに流れは変わるんだけど、

そういうのも効果はあるにしても、一番重要なポイントじゃないかと思っているのがあって。

 

もともと私もそうなんだけど、「お金や色々なものが循環して豊かになる」

その前に解決しなきゃいけない問題があるからそれで止められてる気がするんだけど、最近。

 

それが何かというと、今の美紀さんもそうだし、私もそういうところがあるっちゃあるんだけど、

よく循環の話で、循環を信じてるかとか、お金の概念を軽くしなきゃとかいう話があるけど、

美紀さんは(今より)軽くする必要ないよね。

 

軽いからね、十分。

 

軽やかに軽いっていうよりも、なんていうんだろ、お金の概念が軽いっていうよりも、

例えばさっきのもそうだけど、見てない。

 

循環を信じてるっちゃ信じてるんだけど、現実をちゃんと見てない。

 

責任のない軽さ。

 

みたいなそんな感じ。

 

さっきのも帳尻は合ってるけど、

美紀さんは

「お金が今手元にこれだけあるから使ってもいいや。」

 

で、何かのために(美紀さんが)取っておいたお金を使いました。

 

また入って来ました。

 

で、元々取ってあったお金が確保できました。

 

でもそうこうしているうちに、今度は別な支払いの必要が出て来て、

そのお金がないです。

 

それでそれは誰が払うかって言ったら、私が払うわけでしょ?

 

それは払ってもいいんだけど。

 

何が問題かというと、

それで、美紀さんは、美紀さんの課題としてあった、

お金がないから例えば私からお金をもらうとか、〜代がないと言って。

ていうのは嬉しくないよね?そんなこと言うの。

 

 

美紀(以下、M)

うん。

 

K

普通に言える?

 

M

ううん。

 

K

別な言い方をすると、それをちゃんと言うのが美紀さんの課題なわけで

 

でも、なんか上手いこと取り敢えず、お金がないのを半分見て見ぬふりをして、

帳尻があったがばっかりに、それをあんまり言わなくて済んじゃったわけだよ。

 

こうやってこっちから聞かれて、しょうがなく答えたみたいに。

 

そうすると、要は、課題をクリアしてないから、

だからそこで足踏みしてることになるわけだよ。

 

と、思います。

 

どう思いますか?

 

M

はい。そう思います。

ふふふふふ。

 

K

もう一つは、お金がないとなると、

美紀さんが好きなカフェに行ってお茶を飲んだりしにくくなるわけでしょ?

資金がないと。

 

美紀さんが嫌いな、それも原因があると思うけど、

制限されるの嫌いじゃん?

ていう自由さがなくなるのが嫌なのかな?

 

なんか意見はありますか?

 

M

その通りです。

 

取調室のライトは、深い暗い闇のところまで照らすためのライトだと思ったよ。

ふふふ。

 

K

ある意味、二人で協力してるから、

どっちかからお金が入ってくればいいんだって言う考え方もできるけど、

でもそれぞれの活動をしてるわけじゃん?

そう言う意味で言うと、

 

 

まさに私も、自分が言った通りの、

あるんだから使っても入ってくるし、使ってもいいやと言う感じだったんだけど、

それは間違ってなくても、その中に課題があるのかなと思って。

 

一応、入って来るにしても、もうちょっと、ちゃんと状況を認識して、把握して、

循環を信じるにしても、ちゃんと認識をするって言うのを心がけるようにしてるから、

幾分私の方が循環してるわけでしょ?

 

美紀さんの方がどちらかと言うと止まってるわけでしょ?

 

M

ふふっ。

 

K

それで、そういう差ができても、こういう風に美紀さんに言えるわけでしょ?

 

これがこうだからこうだよとか。

 

むしろこういう状況にならずにパッとそのまま大金持ちになってたら、

「美紀さんの自由だし、循環だし。良いや。」

って美紀さんの感じに無理して合わせちゃってたかもしれないんだけど、

こういう状況になったからこそ、

「合わせたって、一緒に止まってるじゃん。」

ていう話であって、

だから合わせずに、しっかりと地に足をつけて行けるようになったから、

こういう流れも有意義な良いちゃんとした流れなんだなあと思ったという話です。

 

M

はい。

 

啓さんは根の国底の国の人だからなぁ、、、(笑)

 

K

美紀さんは制限されるのを嫌うけど、

一個重要なポイントを教えてあげようか?

 

M

うん。

 

K

飛行機は一人でポーッと飛べるけど、

凧は糸という制限がなければ落っこちるんだねー。

 

M

なるほど。

 

K

糸が切れてそのまま飛んでる凧を見たことないでしょ?

 

もし見たことあるとしたら、バズ(トイストーリーのバズ・ライトイヤー)が言うように、

「カッコつけて落っこちてる」最中を目撃しただけだよ。それは多分。

 

M

でも突風に吹かれて飛んで行っちゃうことはあるけど。

 

K

そんなものはゴミでもなんでも飛ぶじゃないか。

 

M

啓さんてたとえ話の達人だね。

 

K

かっかっかっかっかっ(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

というわけで、今日のは話し合いというより取調室でのやり取りのようでした(笑)