· 

巡礼記 〜香川〜

 

アワとサヌキ

 

とは

 

日本の古代の言葉で

女性性と男性性のことです。

 

今回の旅では淡路島と香川に行ったわけですが、

淡路島・・・アワ

香川=讃岐・・・サヌキ

 

というわけで、陰陽統合の旅でもあったようです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

香川では、弥谷寺の近くに宿泊し、翌朝朝一に弥谷寺に行きました。

 

ここは黄泉への入り口があるとされている洞窟もあります。

 

 

 

途中、ヤマガラが目の前で飛びながら空中停止し、

手を出してみたら指先に止まってくれました。

 

▼ヤマガラさんはどこでしょう?

 

 

弘法大師が学問修行をしたと言われている獅子之岩屋では、

 

「剣は御靈を表す。鏡は己を表す。」

 

という、三種の神器についてのメッセージをもらいました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

次に参拝したのは素戔嗚命を祀る津嶋神社です。

 

瀬戸内海の海上の小島にあり、この島へは夏季例大祭の時だけ渡ることができます。

 

私が行ったこの日は渡ることは出来ませんでしたので、遠くから拝みました。

 

 

 

 

 

 

さらにその次に向かったのは、津嶋神社の近くにある河上神社です。

 

瀬織津姫が祀られているらしいです。

 

ここでは、私が氣吹戸主神と縁が深いためか、

あるいは別な理由かは分かりませんが、

大歓迎してくれました。

 

(瀬織津姫と氣吹戸主は共に祓戸四神という繋がりがあります。)

 

 

そしてその中で、淡路島での三種の神器についてのメッセージの中で

謎だった部分が紐解けました。

 

その結果、瞑想会でお伝えしていた天地陰陽統合のムドラーが

三種の神器のムドラーと呼べるものに変化しました。

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

そして、この日の夕方には奈良に到着しました。