· 

ひつくの神の言葉 9・10

 
 
ひつくの神を呼んで、伝わって来た言葉を記します。
 
昨日は投稿しそびれたので、昨日の分と合わせてアップします。
尚、前回までの分は長くなってきたので当HP内の「ひつくの神の言葉」のページに移しました。
今回の分から、少し雰囲気が変わってきた感じがします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あわがやめるときも

さぬきがうちつづければ
このみそらに
いきをとおさん
たましいのまゆにそむくことなく
またそのたましいのまゆよりつむぎたるころもをはおり
さんぜんせかいをたびするものよ
このおおつちにませ
やがてそのたびするものは
このおおつちのひかりとなりやみともなりて
あなおかしけれ
さればなほどの
かぜすかしふけば
そのかおりはひろがり
またそのたましいのふるえはたかまりぬ
しからばあにただにもろおかせんやと
(アワが止める時もサヌキが打ち続ければ
この御空に息を通さん
魂の繭に背くことなく
またその魂の繭より紡ぎたる衣を羽織り
三千世界を旅する者よ
この地球に坐せ
やがてその旅する者は
この地球の光となり闇ともなりて
あなおかしけれ
さればなほどの
風透かし吹けば
その薫りは広がり
またその魂の震えは高まりぬ
しからば豈に惟にもろおかせんやと)