· 

《氣吹戸主瞑想》伝授会

自分自身の根底に息吹を吹き込む
《氣吹戸主瞑想》伝授会を開催します。
この瞑想法では、いくつかのプロセスを経て終盤には頭上から取り込んだエネルギーが頭頂のサハスラーラチャクラから脊柱基底部のムーラーダーラチャクラへ向かって降りていきます。
色々なものが溜まりやすい下部のチャクラにクリアなエネルギーが流れることで、「自分自身の本当の内なる声がはっきりして来る」「感覚が鋭敏になる」等様々な効果が期待できます。
そのエネルギーの流れが大祓詞の
「氣吹戸に坐す氣吹戸主という神 根の国底の国に氣吹き放ちてむ」
というイメージと重なるので《氣吹戸主瞑想》と名付けました。
ジャールゥドラゴン・エネルギーワークはこの瞑想法から始まったものであり、
この瞑想法をしっかりと習得すると、
エネルギーワークとして他の人に実践することもできるようになります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
エネルギーワークとして実践する時は、相手にアクセスした状態でこの瞑想をすると、その間に相手にも様々なエネルギー反応が起きます。
ただ、瞑想法として実践する場合もエネルギーワークとして実践する場合も、どこかにブロックや課題があるとエネルギーが降りて行く時にそこで引っかかり、そこでエネルギーの下降が止まります。
たいていその引っかかりは1度では取れません。
日を改めて何度もやることで解消には向かいますし、その解消をサポートすることにエネルギーが使われます。
それで、ルートが整備されてエネルギーが基底部まで降りるようになると、あとはエネルギーのチャージとクリアリングが主な効果になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私自身が実践していても、一度クリアになった後でも日常生活の中でちょっとどこかでエネルギーが滞って、またそれをクリアにしたりすることがあります。
そして、エネルギーチャージ法としては色んなタイミングで実践します。
つまり、好きなタイミングで自分で実践出来ると、とても便利ですし、効果もより高いです。
というわけで、《氣吹戸主瞑想》を習得していただく伝授会を開催します。
他にも、空間からのエネルギーの取り込みを増やすための《三戸開き》と《根のムドラー》という技法もお教えします。
《氣吹戸主瞑想》伝授会
10:00〜16:00(昼食付)
参加費 72,000円
定員各回3名
1度参加した方は、別な開催日にも無料で参加して復習して頂けます。
こちらから告知する開催日以外にもリクエスト開催が可能ですので、
お問い合わせください。