· 

サマーディの段階

今朝の瞑想でも、ヤンチェンマ(チベットのサラスヴァティ)にフォーカスしました。

 

今回は対話にはならず、エネルギーがハートに流れ込んで来ました。

 

どこかから流れ込んでくるのが感じられたわけではないので、

正確には「流れ込んで来た」とは言えないかもしれないですが、

とにかくハートにエネルギーが溢れて来ました。

 

そのまま観察を続けていると、エネルギー的に、胸が膨らむような感触がありました。

 

それからそのままヤンチェンマのエネルギーは広がって、私の身体と重なるような感じになりました。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

ヨーガのサマーディ(悟り)には5つの段階があります。

まず大きく分けて、サムプラジュニャータ・サマーディ(有想三昧)とアサムプラジュニャータ・サマーディ(無想三昧)。

そしてサムプラジュニャータ・サマーディ(有想三昧)は4つに分かれており、

その1つめはサヴィタルカ・サマーパッティ(対象を洞察した悟り)

2つ目はニルヴィタルカ・サマーパッティ(対象と一体になった悟り)。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

人によって体験の仕方は様々ですが、

私の身体とヤンチェンマのエネルギーが重なった状態は

まさにこの対象と一体になった状態です。

 

そしてこのまま深めれば、第3段階以降にも移行できる。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

前回の投稿で、瞑想の深さと抽象度について少し触れました。

 

今回の体験は、そのことに対するヤンチェンマの反応という側面もあるようです。

 

つまり、人格神レベルへのアクセスが、神格のエネルギーへのダイレクトなアクセスよりも具象的であるとしても、

そこから抽象度の高いところへは私が考えていたよりも問題なく移行できるということです。